Pythonで自作モジュールを普通のモジュールと同じように使う方法

「Pythonで、自作モジュールを普通のモジュールと同じように使う方法」

ということだが、まず、numpyやBeautifulSoupなど、定番のモジュールたちがあなたのパソコンのどのディレクトリにあるのか確認しよう。

ちなみに、私はWindows10なので、OSが違ったら以下を対応する操作に変えてください。

 

コマンドプロンプトを開き、pythonを起動して、

import モジュール名

print(モジュール名.__file__)

と入力してください。モジュール名は、例えば numpy とかbs4とか。あなたのパソコンにインストール済みである、適当なモジュールを指定してください。

すると、そのモジュールがどのディレクトリにあるのか示してくれる。

そのズラズラ書かれているパスを画面左下の左から虫眼鏡マークをクリックし、一番下にある”Windowsを検索”にぶちこむ。

すると検索結果が出てくると思うので、”ファイルの場所を開く”をクリックしてみよう。

すると、「__init__.py」というファイルがあると思う。

pythonでは、そのファイルのあるディレクトリの名前をfromで指定して、そのディレクトリにある「__init__.py」から関数たちをimportする仕組みになっているようだ。

私の場合は”site-pacages”(あなたのもたぶん同じ名前でしょう)という名前のディレクトリに、numpyとか、bs4なんかがズラーっと並んでいた。

そこに、自作パッケージを置くファイルを適当な名前で一つつくろう。

例えば、私は以前、ある自然数以下の素数を全部並べる関数を定義しただけのプログラムをつくったので、ファイルを”sosu”という名前にした。そして、そのプログラムの中で定義されている関数の名前は、”sosus”である。

そして、そのつくったファイルのディレクトリの直下に、あなたのつくったpythonファイルを”__init__.py”の名前で置く。

私の場合は、管理者権限がどうたらこうたら・・・と出てきたので、一旦他の場所にそのpythonファイルを置き、コピペしたらうまくいった。

すると、コマンドプロンプトでも何でも、”from sosu import sosus”などと書けば、ちゃんとimportされていることを確認できた。

では。

コメントする